「ラテン文字表示から →アラビア文字表示へ」
  • 「ウイグル語とトルコ語」
  • [HOME]

    ラテン文字=アラビア文字


    ウイグル語の表示は、ラテン文字→アラビア文字となっています。

    文字も、右向き矢印(左→右)から逆に、左向き矢印(左←右)となっています。

    ウイグル語の語頭の文字(ラテン文字では左端)(アラビア文字では右端)の

    ボックスのキーをクリックして下さい。母音の場合は、ボックス右のキーです。

    展開した画面に、語頭の次の文字の選択ボックスがあります。

    クリックした後は、スクロールバーで探して下さい。


    母音+子音の32文字のうち、当初からのアラビア文字20文字ですが、母音を

    補うため、ペルシア経由で4文字、ウイグル自体で8文字が追加されています。

    [ペルシア経由][p=پ][ch=چ][zh=ژ][g=گ]

    [ウイグル自体][e=ئە،ە][é=ئې،ې][i=ئى،ى][ö=ئۆ،ۆ][u=ئۇ،ۇ] [ü=ئۈ،ۈ][ng=ڭ] [w=ۋ]


    32文字は、以下の通りです。

    [母音 8文字][a=ئا،ا ] [e=ئە،ە][é=ئې،ې][i=ئى،ى] [o=ئو،و][ö=ئۆ،ۆ] [u=ئۇ،ۇ] [ü=ئۈ،ۈ]

    [子音24文字][b=ب][p=پ][t=ت][j=ج][ch=چ][x=خ][d=د][r=ر] [z=ز][zh=ژ][s=س]

    [子音24文字][sh=ش][gh=غ][f=ف][q=ق] [k=ك][g=گ][ng=ڭ][l=ل][m=م] [n=ن]

    [子音24文字][h=ھ][w=ۋ][y=ي]

    [特殊1文字][la=لا]


    語頭の母音は、声帯を閉じた状態から出発するのが通例です。

    この場合、通常の母音表示に、声門閉鎖音である旨を表示する「 ئ 」を付します。

    (下記表示ご参照)

    辞典を調べる場合には、ボックス右の声門閉鎖音が付された表示となります。

         語頭の a = ئ+ا = ئا

         語頭の e = ئ+ە = ئە

         語頭の é = ئ+ې = ئې

         語頭の i = ئ+ى = ئى

         語頭の o = ئ+و = ئو

         語頭の ö = ئ+ۆ = ئۆ

         語頭の u = ئ+ۇ = ئۇ

         語頭の ü = ئ+ۈ = ئۈ

  • 「ウイグル語とトルコ語」
  • 「ウイグル語とトルコ語」(フレーム右サイドノブ、画面をスクロール願います。)

  • 「uyghurホーム」
  • [uyghurホーム]
  • 「ラテン文字=アラビア文字=対照リスト」

  • [母音 8文字]   [a=ئا،ا ]   [e=ئە،ە]   [é=ئې،ې]   [i=ئى،ى]   [o=ئو،و]   [ö=ئۆ،ۆ]   [u=ئۇ،ۇ]   [ü=ئۈ،ۈ]                                     [子音24文字]   [b=ب]    [p=پ]   [t=ت]     [j=ج]      [ch=چ]   [x=خ]    [d=د]     [r=ر]   [z=ز]   [zh=ژ]   [s=س]    [sh=ش]   [gh=غ]       [子音24文字]   [f=ف]     [q=ق]    [k=ك]     [g=گ]      [ng=ڭ]   [l=ل]     [m=م]     [n=ن]   [h=ھ]    [w=ۋ]   [y=ي]                               [特殊1文字]    [la=لا]       [xxx]

      inserted by FC2 system